結婚式場の種類を見てみよう

image結婚式場のウェルカムボードのデザインはさまざまです

image

結婚式場の入り口で招待客を迎えるウェルカムボードですが、個性的なデザインや手作りの物をよく目にするようになりました。ここ数年で増えつつあるゲストハウスタイプの結婚式場では、式場内が広い為、ウェディングサインと呼ばれる案内標識もあります。ウェルカムボード同様、式や会場の雰囲気に合ったオシャレなデザインが多いです。

そもそもウェルカムボードは看板や案内板として置かれるもので、式の日付やカップルの名前、招待客へのメッセージなどを入れて飾るのが定番です。また、同じ日に何組もの式を行う結婚式場の場合、会場が間違っていないかの目印にもなります。式までの間、招待客が退屈しないよう、ワクワクした気持ちで待っていてもらえるようにという、おもてなしの思いから結婚式の定番アイテムになったと言えます。挙式や披露宴だけでなく、2次会の会場にも同じボードを飾る場合が多いです。

ウェルカムボードの定番は、ボードの額縁を装花で飾り、リボンやレースを加えて華やかにしたデザインです。生花や造花ではなくプリザーブドフラワーを使うと長持ちするので、結婚式後もアレンジして自宅に飾る事ができます。また、似顔絵タイプのボードもよく見かけます。絵の上手い友人などに頼むのもいいですが、インターネットで検索するとプロのイラストレーターが写真を元に描いてくれるサイトもあるのでおすすめです。写真を使ったウェルカムボードもあります。前撮りの写真やカップルの思い出の写真などをコラージュして作ったり、等身大パネルにするなどさまざまなタイプがあります。

最近の傾向としては手作りのウェルカムボードが増えています。DIYが流行している昨今、100円ショップやホームセンターなどで安く材料を手に入れる事ができます。手作りの良さは費用を抑えられる事もそうですが、自由なアイデアで世界に1つだけのウェルカムボードが作れる事です。一生に一度の事なので、手作りするのもいい思い出になります。初めての共同作業にウェルカムボード作りがおすすめです。